フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

緒方宮迫石仏

一宮社のある山の裏に宮迫東・西石仏がある。駐車スペースもあり、車を停めて、徒歩で回る。
東石仏大日如来 東石仏金剛力士 東石仏宝篋印塔
「緒方宮迫東石仏
大らかな石仏
 宮迫東石仏は平安時代の末期に作られたと考えられる磨崖仏です。如来型坐像を中心に、向かって右に不動明王、左に毘沙門天、またその両側には金剛力士像が彫られています。中央の如来型坐像は、大日如来と現地で伝わり篤い信仰の対象となっています。
 造形に地方独特の大らかさがあり、厚く彫刻されたその姿から、緒方地方の文化の一端を知ることができます。」(案内板から)
山道の途中に謎の穴があったりする。
謎の穴
「緒方宮迫西石仏
崖に込められた祈り
 この宮迫西石仏も、東石仏と同じく平安時代の終わりごろ作られたと考えられています。向って左から、薬師如来、釈迦如来、阿弥陀如来と配置されており、薬師如来は現世に、釈迦如来は過去に、阿弥陀如来は未来に、それぞれ御利益があると言われています。こちらも東石仏と同様、立体的で大らかな石仏で、臼杵石仏に類似した石仏があります。彩色が良く残り目立ちますが、昭和9年ごろに塗り直したものと考えられています。」(案内板から)
西石仏如来三尊



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/716-0f967c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad