フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

豊後竹田歴史の道

洞窟礼拝堂1 洞窟礼拝堂2
「キリシタン洞窟礼拝堂 県指定史跡
所在地 竹田市大字竹田2044 指定 昭和33年3月25日
 凝灰岩をくりぬいたこの洞窟は、14世紀頃のローマの洞窟礼拝堂によくにている。こうした点で洞窟礼拝堂としては全国でも例を見ない。
 内部は、巾3m、奥行3m、高さ3.5mで、正面奥の壁をほりこみ祭壇として使用していたと考えられる。この洞窟に関係すると思われる資料「日本切支丹宗門史」に、「宣教師フランシスコ・ブルドリノが伝道に従事した地方(竹田・直入地方)即ちシンガ(志賀?)の殿の一人が、神父の居所を知りながら、眼を閉じていた」とある。
 豊臣秀吉はキリスト教の禁止を行った。江戸幕府もこの政策を引き継いで強化し、島原の乱(1637~38)から、全国的にキリシタンの大弾圧が行われた。岡藩においても例外ではなく、元和5(1619)年10月に宗門改めを始め、翌年から厳しいキリシタン狩りを行い、多くのキリスト教信者がとらえられた。
 このような厳しい時代を経て、この洞窟礼拝堂が伝え残されたことは貴重である。
                                         平成10年3月 竹田市教育委員会」(案内板から)
殿町武家屋敷 古町仲門長屋門
 武家屋敷が建ち並んでいた歴史の道を通って、車まで戻る。3月21日の調査もこれで終わり。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/724-c38d978a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad