フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

万治の石仏

万治の石仏土産物店 万治の石仏
下社春宮の近くに万治の石仏がある。
「万治の石仏と伝説
 南無阿弥陀仏万治三年(1660)十一月一日
  願主明誉浄光心誉廣春
 伝説によると諏訪大社下社(春宮)に石の大鳥居を造る時この石を材料にしようとノミを入れたところ傷口から血が流れ出したので、石工達は恐れをなし仕事をやめた(ノミの跡は現在でも残っている)その夜石工の夢枕に上原山(茅野市)に良い石材があると告げられ果たしてそこに良材を見つける事ができ鳥居は完成したというのである。石工達は、この石に阿弥陀如来をまつって記念とした。尚、この地籍はこの石仏にちなんで古くから下諏訪町字石仏となっている。
                           下諏訪町」(案内板から)

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/742-60fd7ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad