フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

神内神社古神殿

思えば6年前、神内神社や平尾井薬師堂を訪ねたのが熊野探訪のはじまりだった。
神内神社参道 神内神社石段 神内神社御神体
 この神内神社のすぐ北に、近頃整備された古神殿がある。
古神殿遠景 古神殿岩壁 古神殿岩窟
岩頂景色 古神殿岩頂
「神内神社 〔現]三重県紀宝町神内
 字近石ちかいしにあり、天忍穂耳あまのおしほみみ尊を祀る。旧村社。「南牟婁郡誌」に「当村小田坪に在ノ森と云ふあり、此処に伊弉諾尊・伊弉冊尊天降らせ給ふ、因て此村をもと神皇地こうのうちと称ふ」とあり、いつの頃にか神内となったという。」
(『三重県の地名』から)








スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/751-875cc715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神内神社・斎ヶ丘神社・平尾井薬師堂

熊野にはもともと社がなくて磐を拝んでいたと思われる神社がたくさんある。三重県紀宝町の県道141号から35号に点在する三つの神社を訪ねた。 神内地図 神内(こうのうち)神社はものすごく圧倒的な岩山が背後にある。別名子安神社。 斎ヶ丘 斎ヶ丘(いつきがおか)神社は、遺跡「京城跡(みやこのじょうあと)」の近く。民家の間の赤い鳥居を目指す。 平尾井 平尾井薬師堂は、案内板があ...

  • 2016/10/10(月) 07:30:40 |
  • フィールドノート(民俗野帖)

FC2Ad