フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

鎌倉市鏑木清方記念美術館

鏑木美術館門 鏑木美術館 鏑木清方美術館01
 今回の旅の目的の一つにこの鏑木清方美術館を見に行くということがあった。もともと、三遊亭円朝の肖像画で知った画家だが、曲亭馬琴の肖像などにも驚愕させられた。鶴岡八幡宮から小町通へ行き、その奥の住宅街にひっそりとあった。とても小さい規模で、清方終焉の旧居宅跡だそうだ。図録が充実しており、すべて欲しかったがそうもいかず、「鏑木清方の随筆『こしかたの記』を読む その一」を一冊求めた。円朝、馬琴の肖像に、さらに大蘇芳年、つまり月岡芳年の肖像も収録されている。清方は浮世絵の伝統の流れの上にあるが、その技法でよく個性を描き、一葉の肖像画などもすばらしい。
小町通 鏑木清方美術館02
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/771-7d56530d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad