フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

寿福寺

寿福寺山門 寿福寺参道 寿福寺本堂
  鶴岡八幡宮寺にあった仁王が今もあるという寿福寺へ、江ノ電を横切って行く。しかし公開はされていないようだ。
「寿福寺
 源頼朝が没した翌年、妻の北条政子が明庵栄西を開山に招いて建立した鎌倉五山第三位の寺です。鎌倉幕府三代将軍の源実朝も、再三参詣しました。
 栄西は日本に初めて臨済宗を伝えた禅僧で、『喫茶養生記』を著すなど、お茶を飲む習慣を日本に伝えたことでも知られています。
 裏山の「やぐら」(中世の横穴墳墓)には、源実朝、母・政子の墓といわれる五輪塔があります。
 墓地には俳人・高浜虚子や作家・大佛次郎などが眠っています。
宗派 臨済宗建長寺派
山号寺号 亀谷山寿福金剛禅寺
建立 正治二(1200)年
開山 明庵栄西」(案内板から)

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/772-6b971033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad