フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

大蔵幕府旧跡

白幡神社 大蔵幕府石碑
 法華堂跡の白幡神社から、清泉小学校角の大蔵幕府旧跡の石碑までが、実際に幕府の建物があった場所になる。
「大蔵幕府旧跡
今ヲ距ル七百三十七年ノ昔治承四年源頼朝邸ヲ此ノ地ニ営ミ後覇権ヲ握ルニ及ビテ政ヲ此ノ邸中ニ聴ク所謂大蔵幕府是ナリ爾来頼家実朝ヲ経テ嘉禄元年政子薨ジ幕府ノ宇津宮辻ニ遷レルマデ此ノ地ガ覇府ノ中心タリシコト實ニ四十六年間ナリ
                    大正六年三月建之 鎌倉町青年会」(大蔵幕府旧跡の石碑から)
「 大倉御所は、当時の代表的な建築様式である寝殿造であった。寝殿造というと貴族の住宅で、武家の棟梁である頼朝の屋敷に相応しくないのではと思われがちであるが、実に、将軍御所は寝殿造であった。しかし、そもそも頼朝は、平安京で生まれ、貴族的な文化を身に付けていたのであって、彼の屋敷が寝殿造であっても不思議ではなかった。」
(『中世都市鎌倉を歩く』P12)

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/780-8a9d4f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad