フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

江島(えのしま)神社

鎌倉は湘南とは言わないが、江ノ島は湘南である。橋の向こうは茅ヶ崎など湘南が拡がっている。
江島神社鳥居 江島辺津宮 江島中津宮 江島奥津宮 江島竜宮
「江島神社
[現]藤沢市江の島二丁目
 相模湾に囲まれた江の島にある。江島弁才天とも称し、奥津おくつ宮(祭神多紀理毘売命)・中津なかつ宮(祭神市寸島比売命)・辺津へつ宮(祭神田寸津比売命)・御窟おんいわや(祭神天照皇大神・須佐之男命)の総称。もとは本もとの宮(古くは御窟が本宮)・上之かみの宮(現中津宮)・下之しもの宮(現辺津宮)の三宮であり、この三宮を弁天社と総称していた。旧県社。
 江島縁起(江島神社蔵)は欽明天皇一三年創祀と伝える。寿永元年(一一八二)四月五日、文覚が江の島に弁才天を勧請、源頼朝も多勢の武士を供にして江の島を訪れ(吾妻鏡)、自らも石鳥居を奉納したと伝える。「吾妻鏡」によれば建仁元年(一二〇一)六月一日将軍頼家が参詣、建保四年(一二一六)正月一五日の当社託宣には鎌倉の僧俗が群参し、三浦義村が使者に立てられ、その様子を検分し、同三月一六日には将軍実朝夫人が参詣。安貞二年(一二二八)四月二二日将軍頼経が参詣するなど鎌倉将軍家や北条氏の信仰を集めていた。」
(『神奈川県の地名』から)
江島断崖 江島から富士山
 ただ外国の観光客と修学旅行生ばかりで少しもおもしろくない。しかもアップダウンが激しいので、歩き疲れた足にはきつい。まあ、司馬江漢「江ノ島富士遠望図」のような橋上の富士を見たのがよかったか。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/785-e187bdf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad