フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

唐崎神社と唐崎の松

唐崎浜 唐崎神社本殿 唐崎神社拝殿
「唐崎神社
御祭神 女別當命(わけすきひめのみこと)
創建  文武天皇元年(697年)
御利益 病気平癒・無病息災
女神様をお祭りするこの神社では、下の病(特に婦人病)などにご利益があり、多くの女性から信仰を受けております。
また、唐崎神社は祓の霊場としても有名で、平安時代には貴族層が行楽を兼ねて祓に出向く事もありました。」
(案内板から)
 この祓いだが、浜に「七瀬祓所跡」の石碑が立っている。もう夕暮れで文字がよく読めないが。さらに近江八景の一つ「唐崎の夜雨」の松も立派。
「『河海抄』にみえる難波・農太・河俣・大島・橘小島・佐久那谷とともに古くから「七瀬祓所」の一つとして知られており、平安時代には毎月ここで、陰陽師が人形(ひとがた)を流して悪疫をはらい清めたという。」(『国史大辞典』から)
 これで、2月21日の活動は終了。すぐ近くの宿に向かう。
唐崎七瀬祓所跡 唐崎の松

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/801-a2e1517f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad