フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

有盛神社

有盛神社階段 有盛神社鳥居 有盛神社境内
 博物館から港町待合所まで歩いて戻り、バスを待って有盛神社まで乗って行く。バス停に着くと運転手さんが、下った所にあると教えてくれた。
「有盛神社
  平家伝説と密接に結びついた神社。そのご神体の仏像は、航海安全のために寄進されたもので、秀逸な彫出技術が認められる。また、神社一帯の森林は、亜熱帯的な林相を代表する典型的なものである。
壇ノ浦の戦い(1185)で源氏に敗れた平氏の残党が落ち延びてきた、という伝承が奄美の各地に数多く残っている。平行盛(たいらのゆきもり)、平有盛(たいらのありもり)、平資盛(たいらのすけもり)は、最初は喜界島に逃れ、後に大島にわたってきた。行盛は龍郷町戸口に、有盛は名瀬の浦上に、資盛は瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍に居を構え、家来を各地に配備し、源氏の追随に備えていた、との伝承がある。
この3箇所の地には、3人を祀った神社が建立されている。(行盛神社、有盛神社、大屯神社)」
奄美市HP奄美市指定文化財から)
有盛神社森林 有盛神社
「有盛神社の石造弁財天像(有形文化財・彫刻) 奄美市指定文化財
  奄美大島には、壇ノ浦の合戦で敗れた平家の落人たちにまつわる伝承が各地に残されています。喜界島から奄美大島にたどりついた平家の行盛・有盛・資盛(すけもり)の三武将は、北部に行盛が、中部に有盛が、加計呂麻島に資盛が城を構えたと伝えられています。
 有盛神社が所在するこの小山一帯が、有盛が居城を構えたと伝えられる場所で、小字地名も「有盛」と呼ばれています。実際、この小山一帯には、中世山城によく似た構造物が構築されています。
 また有盛神社上側の尾根には、文化(1816)年の銘文が刻まれている有盛の墓碑も建てられています。この小山には「テラ」という別称もあり、有盛墓碑が建てられている場所を「ウンテラ」、有盛神社が建てられている場所を「サンテラ」と呼びます。かつては、ノロ祭祀の祭場として用いられていました。
 有盛神社には、弁財天像が奉られています。弁財天像の裏面には宝永8(1711)年に薩摩藩士の田代清方が、四海泰平、君臣安全、諸願成就を祈念して安置したと銘文が刻まれています。奄美の歴史や宗教を解明する資料となることから昭和47年3月に名瀬市指定文化財に指定され、現在に至ります。
                        奄美市教育委員会」(案内板から)


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/816-edeee1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad