フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

キトラ古墳

四神の館 キトラ古墳 国営飛鳥歴史公園
 キトラ古墳周辺は、駐車場や売店等も整備され、国営飛鳥歴史公園の一部になっている。高松塚古墳へも、途中までは公園内を散策しながら行ける。
「特別史跡 キトラ古墳 
                        史跡指定:平成12年7月31日 
                        特別史跡指定:平成12年11月24日
                        指定面積:約4,381㎡
キトラ古墳は7世紀末から8世紀初めに造られた古墳で、丘陵の南側斜面に位置します。墳丘は二段築成の円墳で、発掘調査の成果などから、下段の直径が13.8m、上段の直径が9.4mに復元できます。現在の墳丘は、下段部分を築造当時の大きさに復元しています。内部には二上山産凝灰岩の切石を18枚組み合わせて作られた石室があります。石室内部は奥行2.40m、幅1.04m、高さ1.24mの大きさで、鎌倉時代に盗掘を受けていましたが、刀装具片、琥珀玉などの副葬品の一部と、木棺片や棺の飾金具、人骨などが出土しています。 昭和58年に行ったファイバースコープによる石室内部の探査で、北壁に玄武が描かれていることが分かり、高松塚古墳に次ぐ我が国で二例目の大陸的な壁画古墳であることが明らかとなりました。その後の小型カメラによる探査では、青龍、白虎、朱雀、十二支像、天文図がみつかりました。
 石室内部の小型カメラによる探査では、壁画が危険な状態にあることも明確となりました。そのため、早急な対応が必要とされ、平成15年に仮設保護覆屋を設置し、平成16年に石室内の調査を行いました。その結果、すべての壁画を取り外して保存処理を行う方針が決定しました。
 この方針を受けて平成22年までにすべての壁画が取り外され、修理が進められました。現在は壁画の保存・公開が行われています。
                           平成28年 文化庁」(案内板から)
 キトラも高松塚でも、文化庁の失態によって、保存状態が悪くなったというのは、有名なハナシであるが、りっぱなのを造ったものである。

キトラ02 キトラ04

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/841-a1e708b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad