フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

高松塚古墳

高松塚遠望
 キトラから整備された散歩道を行くと、遠く高松塚が見えてくる。高松塚古墳壁画を発掘した関西大学の網干善教さんには、仏大通信教育で学芸員を取った時に講義を受けた覚えがある。善教さんも、文化庁の措置には怒っていたようだ。
高松塚古墳 高松塚周回路 高松塚から
「高松塚古墳
 彩色壁画発見まで…
 高松塚古墳は飛鳥地方の西南部に位置し、この一帯は桧隈(ひのくま)と呼ばれています。渡来人がとくに居住したといわれ、周辺には天武・持統・欽明・文武の各皇陵や中尾山古墳、岩屋山古墳などが築かれています。江戸時代のころ、高松塚は文武天皇陵ではないかと伝承されていた記録も多くみられます。
 地元の人が墳丘の南斜面で作物貯蔵用の穴を掘ったところ凝灰岩の切石を発見、これがきっかけとなって昭和47年3月から調査が行われ壁画発見となったのです。
 原寸・原色で再現した”飛鳥の秘宝”展示品紹介
彩色壁画
・四神の図と日像・月像
 四神は中国の思想に基くもので古来天子の象徴として用いられ、四方を鎮護し東西南北の方位を表します。青龍(東)、朱雀(南)、白虎(西)、玄武(北・亀と蛇)は星座の形から具象化されたものです。青龍・白虎の上部にそれぞれ日像・月像が描かれており、天井の星宿とともに被葬者の尊貴性を物語っていると思われます。
・人物群像
 男子4人、女子4人各1組の群像が、東西両壁に2組ずつ(計16人)描かれています。男子群像のいずれもが蓋(きぬがさ)、柳筥(やなぎばこ)、床凡(しょうぎ)、鉾(ほこ)のようなものを持っているのに対し、女子群像は2人ずつが東壁では団扇(だんせん)、払子(ほっす)を、西壁では翳(さしば)、如意(にょい)を持っているのが特色です。どの像もすぐれた筆致で実に細かく描かれ、わが国美術、絵画史上すぐれた作品と評価されています。」(パンフレットから)
高松塚02 高松塚壁画館
 近くの文武天皇陵を通って、キトラ古墳駐車場まで帰る。
文武天皇陵





スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/842-8f14ae65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad