フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

薗松原と弥久賀神社

薗松原 神門郡地図
 薗松原でドローンを飛ばす。それから弥久賀神社へ。地図は『解説出雲国風土記』島根県古代文化センター編、今井出版による。
「弥久賀神社 御祭神 天之御中主大神 合祀 宇賀御魂神
      神紋 二重亀甲違鷹祠
由緒
 当社の大神さまは、神代の昔天地いまだ漂う時初めて宇宙を治められた神代最高の位の大神、天之御中主大神さまで天照大神さまの御祖父さまであります。何時頃からこの地に奉られたか定かでありませんが、文字が我が国に伝来し聖武天皇天平五(733)年、出雲風土、記延喜式、出雲国巡拝記等の古文書等に記されており古社なること明らかです。又社名は、出雲風土記(美久我の社)延喜式(彌久賀神社)慶長時代から文政時代(若一玉子権現御社)と言い嘉祥四年に正六位に叙せられ、明治四年に郷社となり遠い昔の私達の先祖から今に至るまで多くの人々の心の支えとして敬仰される神社であります。」(案内板から)
弥久賀神社参道 弥久賀神社本殿

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/847-460946be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad