フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

黄泉比良坂(よもつひらさか)

黄泉比良坂門 黄泉比良坂石碑 黄泉比良坂塚
黄泉比良坂案内板

「黄泉比良坂
 黄泉比良坂(よもつひらさか)は、『古事記』に登場する坂です。
 伊邪那岐命が黄泉国から還ろうとしたとき、追って来る悪霊邪鬼を桃子(もものみ)で撃退した坂であり、大穴牟遅神(後の大国主神)が黄泉国で須佐之男命の課す様々な試練を克服し、妻の須勢理毘売と共に還ろうとしたとき、須佐之男命が追い至って、大国主神の名を与え国作りを託したのもこの坂です。
 その場所については「故(かれ)、其のいわゆる黄泉比良坂は、今、出雲国の伊賦夜坂と謂ふなり」と記しています。
 碑の西方の山道がこの伊賦夜坂と言われており、途中に塞の神が祀ってあります。『日本書紀』に、伊弉諾尊が黄泉比良坂で「ここから入って来てはならぬ」と言って投げた杖から出現した神であると記されています。地元では、この道を通るときは塞の神に小石を積んで通るという風習があり、今でも小さな石が積まれています。」
(案内板から)
 奥の山道には、塞の神の木札が立っていたり、夜見路谷と言うような道で、古くは揖夜神社まで通じていたようだ。
塞の神 夜見路越
黄泉比良坂地図
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/853-d90bd40b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad