フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

多賀神社

矢田竜宮神y 大橋川 多賀神社鳥居
「多賀神社
祭神 須佐之男命 伊弉諾命 伊弉冊命 宇津名媛命 事代主命 大己貴神
「出雲国風土記」の朝酌下社で歴代の国司から崇敬された殊に松平氏は信仰が厚く藩社として奉幣祈願が行われた。
 例祭 10月11日
                    平成7年3月 朝酌ふるさとづくり推進委員会」(案内板から)
多賀神社01
「当社鎮守の森を月向山(雲陽誌)といい、須佐之男命が新羅国より埴土の舟に乗り、沈香の青木積み出雲国に渡り、今の多賀の地に来られた時、多賀明神月向山に在りて「此の神崎を青木積みて通る日本は我国なり、この岸に舟を留めて汝は岸に上るべし、我は此に在り」といわれた。
 俄に雨が降り波風荒くなり、土をもりかけ、船は終に山となり、青木も生つき此の山を唐船山と名付け、今の宮地に宮作りされたものであるという。
 「須佐之男命はただちに陸に上りて、鳥上の峰に到り給えると、此地は風土記の所謂朝酌の促戸(せど)にして、春秋入出する大小の雑魚の捕れる所なれば、命鳥上へ宮定めし後も暫く此地に来り給いて御漁を獲らせ給ひ、殊に神無月(出雲は神有月)には、八百萬神出雲に集い給ふや」」
(多賀神社由緒書きから)
多賀神社石段 多賀神社左脇祠 多賀神社本殿 多賀神社右脇祠
 大橋川に面するすばらしいロケーションで、由緒書きにあるように、須佐之男の地域神話が生きている。眺めは良いが、境内の裏手は工事中で、社叢は浸食されつつある。大橋川はこのすぐ上流で、大橋川、剣先川、朝酌川の3川が合流している。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/878-8e9451fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad