フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

魚見塚古墳

魚見塚古墳看板 魚見塚古墳ドローン 三川合流
 多賀神社のすぐ横に魚見塚古墳が畑に囲まれてある。遠景には朝酌川、剣先川、大橋川の合流しているのが見える。
「 古墳は全長約62mで、古墳時代後期(6世紀後半)の築造。松江市周辺では少数派の前方後円墳だ。神在月に集まった神々はこの古墳の上からコトシロヌシノミコトの魚釣りを見物するとの伝承がある。
 神社は大橋川のほとりに鎮座。出雲国風土記に記され、今も渡船が残る「矢田の渡し」に程近い。古代の交通の要衝だ。」
(山陰中央新報「多賀神社」2014年12月4日記事から)
魚見塚古墳畑 魚見塚古墳
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/879-6b7fd9b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad