FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

獅子の口

獅子の口 角塔婆
「獅子の口
 獅子の口の場所は、上谷と杉谷が分かれる谷筋にあたり、参道から護国寺の伽藍へ至る玄関口に位置します。この場所の西側に張り出した尾根は、俗界と聖域を区別する結界の役割を果たしています。尾根先の参道に立つ無銘の角塔婆(かくとうば)が結界石となっています。そして、上谷と杉谷の谷間を流れる水は上宮の巨岩の地下に源を発するといわれ、禊場に続いています。この清流が結界を清浄に守る境となっています。ちなみに、上宮の辰の口、獅子の口と禊場は一直線上に並んでいます。上宮・中宮・下宮も同様に一直線上に位置し、興味深い位置関係を見せています。
 獅子の口より先の上宮までは、飲食等が禁じられた聖域だったので、ここが水を口にできる最後の場所でした。入山する者は皆ここで手を清め、口をすすぎ、気持ちを引き締め、目の前の坂を登り始めました。」
(案内板から) 
求菩提詳細図
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/977-d6666a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad