FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

安浄寺跡

安浄寺跡4 安浄寺跡1 安浄寺跡2
 鬼の石段を降りて来て、中宮の下、毘沙門堂の横にたくさん石仏がある。
「安浄寺
 求菩提山の中心は護国寺であり、修験者たちはそこを拠点として様々な修行に挑みました。その護国寺に通じる杉谷は最も古くから開けた集落で、山中で暮らす修験者にとって生活に深くかかわる場所でした。求菩提山は門前町を持たなかったため、杉谷周辺に様々な機能が集中したようです。この安浄寺は修験者(山伏)の弔いの場であったとされ、併せていくつかの年中行事も行われたようです。記録によれば、7月15日の念仏供養が行われたことが知られ、高臈(こうろう)(位の高い修験者)10人が衆徒10数人を従えて谷々を大念仏を唱えながら廻ったとあります。現在は三十三観音石仏が祀られ、トチの巨木がその歴史を現わしています。また、秋には見事な紅葉が周辺を覆い、古の情景を伝えてくれます。
豊前市教育委員会」(案内板から)
安浄寺跡3
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/981-e185ed62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad