FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

薦神社(大貞八幡宮)

薦神社鳥居 薦神社呉橋 薦神社大灯篭 薦神社入口
 3月20日午後は薦神社へ向かう。まだ雨は上がらない。
「薦神社(こもじんじゃ)
[現]中津市大貞
 旧勅使道を東へ大貞台地へ上って約二キロの地点に御澄池(三角池・薦ノ池)と薦神社がある。祭神は応神天皇・比咩大神・仲哀天皇・神功皇后。別名は大貞八幡宮、または大貞社。旧県社。「太宰管内志」は三角池(大貞池)について、「宇佐宮記裡記」を引いて、上古宇佐池守という人が、渡来人の技術をもって築造したという。また養老四年(720)の大隅国・日向国の隼人の反乱に際し、宇佐八幡神も行って降伏させるとの神託により、この池の薦で枕を作り、神輿に納めて出発したという(豊前志)。」(『大分県の地名』から)

薦神社神門 薦神社拝殿 薦神社庭門
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/983-55ed42f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad