FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

高住神社

高住神社鳥居 高住神社石鳥居 高住神社石段
 下の駐車場には車がいっぱいで、神社の方からスピーカーの大きな読経の声と和する声が響いてくる。異様な雰囲気でしばし、上るのを躊躇する。
「豊前坊 ぶぜんぼう 現]添田町英彦山
 鷹ノ巣山の西方、国道五〇〇号の南に位置する。建保元年(一二一三)七月八日の彦山流記(高千穂家蔵)にみえる彦山四九窟の一八番目の「豊前窟」(守護神は憐愍童子)、およびそこに建てられた坊社の総称。現在、坊社は高住神社ともよばれる。往古の修験道の修行の窟寺であったと考えられる。「太宰管内志」には「豊前坊社」とみえ、同書が引く彦山記では「鷹栖ノ宮」ともいわれた。彦山記(高田家所蔵英彦山修験道文書)によると、豊前坊は山の北の鷹巣(高天原)にある一〇〇丈ばかりの岩窟で、役行者が三季入峰を修し、蔵王権現が至現したものという。竹台(ちくたい)権現とも称される。竹台豊前坊秘密法(高田家蔵)には、大日如来を本地とする豊前坊が不動明王となり、さらに衆生の心願を満足させるため天狗の姿を借りたことが記される。」(『大分県の地名』から)
高住神社石段 高住神社拝殿
 烏天狗の土鈴を買う。
烏天狗01
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/993-8c12c6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad