フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

青の洞門

青の洞門map01 青の洞門map02
 青の洞門すぐ近くの道の駅に寄ると、耶馬渓の博物館として風物館があった。
風物館001 風物館002

三角池

三角池小鳥居 三角池巨樹 三角池二重鳥居
「三角池(みすみいけ)と薦神社(こもじんじゃ)
     大分県指定史跡 昭和51年3月30日指定
 薦神社は、別名大貞八幡とも呼ばれ、宇佐八幡宮の元宮であるとも伝えられる。史跡範囲は、内宮である5ヘクタール余の池と外宮の社殿からなる。池は、三角池(御澄池)と呼ばれ、池そのものが御神体である。三角池に自生する「真薦」を刈り取って、池の中の敷島で乾かし、宇佐八幡宮の御神体である「御枕」にしたという。社殿は、承和年間(834~848)の草創と伝えられるが、三角池の築造はこれより古いといわれる。薦神社が祀る八幡神は、池の守り神であったといわれる。当寺、大陸の技術を持つ渡来人によって、各地の水利不便な台地に多くの溜池が造営されたという。三角池も、こうした溜池の一つであると考えられている。
 三角池は、緩やかに起伏する洪積台地を利用して作られ、北東から南西へ手のひらを置いたような形をしており、手の先にあたる南西側には三つの澤がある。入江状の澤は浅く、ハスが密生し、マコモの群生地となっている。御神体でもある三角池では、池・植物・魚などが大切に扱われ、それゆえに貴重な水生群落、入江に群生するマコモ群落やハンノキ林などが残っている。薦神社の周囲は、かつて欝蒼とした森であった。現在でも、社殿のある一帯は、コジイ=クロキ群集の常緑広葉樹林に覆われ、イチイガシ林、クスノキの巨樹とあわせて境内林をつくっている。
 なお、三角池の植物と植物群落は、大分県指定天然記念物『三角池の水生・湿地群落』に指定(昭和55年4月8日)されている。
           平成7年7月1日  中津市教育委員会」
(案内板から)
三角池案内図 三角池上鳥居 神足跡
                           「神様の足跡
                             八幡神が三歳の童の姿で降臨された時の足跡です。」
                           (案内板から)
「 三角池が聖地とされるのは八面山との関係においてである。先に、三角池が八面山と対称の位置にあることを述べたが、現に三角池の南方はるかに八面山が望まれる。つまり、神体山信仰としての八面山信仰の中で理解するべきもので、八面山山頂の磐座に宿った神を麓に降し迎える里宮は各所にあったと考えられるが、中でも三角池はその中心であった。」
(逵日出典『八幡神と神仏習合』P149~150)
 まだ雨が上がらず、池の彼方の八面山もほとんど雲の中である。

 

薦神社(大貞八幡宮)

薦神社鳥居 薦神社呉橋 薦神社大灯篭 薦神社入口
 3月20日午後は薦神社へ向かう。まだ雨は上がらない。
「薦神社(こもじんじゃ)
[現]中津市大貞
 旧勅使道を東へ大貞台地へ上って約二キロの地点に御澄池(三角池・薦ノ池)と薦神社がある。祭神は応神天皇・比咩大神・仲哀天皇・神功皇后。別名は大貞八幡宮、または大貞社。旧県社。「太宰管内志」は三角池(大貞池)について、「宇佐宮記裡記」を引いて、上古宇佐池守という人が、渡来人の技術をもって築造したという。また養老四年(720)の大隅国・日向国の隼人の反乱に際し、宇佐八幡神も行って降伏させるとの神託により、この池の薦で枕を作り、神輿に納めて出発したという(豊前志)。」(『大分県の地名』から)

薦神社神門 薦神社拝殿 薦神社庭門

構の石門

石仏1 石仏2 石仏3 石仏4
 登って来る時はまったく気が付かなかったが、岩壁に石仏がたくさん安置してある。構の石門のすぐ上だ。これで求菩提山は終り。昼食を道の駅中津で取ろうと向かったが、レストランは並んでいたので、寿司を買って朝ドラの再放送を見ながら案内所で3月20日の昼食。
構の石門


安浄寺跡

安浄寺跡4 安浄寺跡1 安浄寺跡2
 鬼の石段を降りて来て、中宮の下、毘沙門堂の横にたくさん石仏がある。
「安浄寺
 求菩提山の中心は護国寺であり、修験者たちはそこを拠点として様々な修行に挑みました。その護国寺に通じる杉谷は最も古くから開けた集落で、山中で暮らす修験者にとって生活に深くかかわる場所でした。求菩提山は門前町を持たなかったため、杉谷周辺に様々な機能が集中したようです。この安浄寺は修験者(山伏)の弔いの場であったとされ、併せていくつかの年中行事も行われたようです。記録によれば、7月15日の念仏供養が行われたことが知られ、高臈(こうろう)(位の高い修験者)10人が衆徒10数人を従えて谷々を大念仏を唱えながら廻ったとあります。現在は三十三観音石仏が祀られ、トチの巨木がその歴史を現わしています。また、秋には見事な紅葉が周辺を覆い、古の情景を伝えてくれます。
豊前市教育委員会」(案内板から)
安浄寺跡3
前のページ 次のページ

FC2Ad